「高い栽培効率、安価な設備、ICTIoT技術を用いた栽培管理」で高生産性・高収益性を実現

高い栽培効率

 少ない電力量

一般的な植物工場に比べて人工光照度が半分程度で済みます。つまり照明のための電力量も半分程度になり、照明器具からの発熱も少なくなりますので、空調に係る電力量も抑えられます。

短い栽培期間

栽培期間が短いため、人工光の総合照射時間も一般的な植物工場に比べて少なくなります。もともと少なくて済む必要な電力量がさらに少なくなります。まさに究極のエコな栽培法と言えます。
 

少ない水使用量

通常は栽培樋にほとんど液肥がはられていないことと、特殊な水循環システムにより、一般的な植物工場に比べて20%程度の水の使用量で済みます。
 

■ 栽培ボード面での人工光照射量

■ 播種からの栽培日数と収穫量

■ 栽培面積での使用水量

 

 

 


安価な設備

市販の資材を使用

栽培棚は強度や耐久性も十分な工事現場でも使用されている鋼材で組み上げます。液体肥料が流れる部分は雨どいを使用します。アグロファクターでは液体肥料を周期的に勢いよく流すため、一般的な植物工場のようにプール状ではありません。


多品種同時栽培

同じ液体肥料・同じ栽培棚で多品種を同時に栽培可能

マーケットのニーズに合わせた品種を栽培すること、またニーズに合わせて様々な品種を組み合わせて栽培することは収益性の向上につながります。アグロファクターでは、同じ栽培棚同じ液体肥料を使って同時に多品種栽培が可能です。


ICT、IoT活用の栽培管理

可視化されたデータで楽々管理

ICT、IoTを活用し、可視化されたデータで栽培環境の管理することが可能です。また遠隔でも監視・管理ができます。


清浄なシステム

清浄な液肥管理が容易

アグロファクターでは、定期的に勢いよく液体肥料が栽培設備の中を流れるため、植物工場で最大の敵であるアオコの発生を一般的な植物工場に比べ抑制することができます。アオコは液体肥料中の栄養成分を消費し根の栄養を吸い取るための器官をふさいでしまうので、発生を抑制し管理することが重要です。